Arts Managers' Net

アーツマネジメントの海外研修やキャリア形成のための情報交流ネットワーク



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク : - : : - : -
正しい問い合わせ先を探す:文化庁海外研修制度
JUGEMテーマ:演劇・舞台

JUGEMテーマ:音楽

JUGEMテーマ:アート・デザイン


芸術分野海外研修サポートプロジェクトを始めた2004年度から、
この時期になると、応募の準備をされている方から
個別のお問い合わせのメールを頂きます。
制度についての質問や、向こうでの生活、ヴィザについてなど、
内容はさまざまですが、
残念ながら、私たちは、こうした個別のお問い合わせに、
お答えすることができません。
なぜなら、私たちは、制度の実施者でもなく、
また、毎年150名程度派遣されるうちのほんの数例に過ぎず、
そうした個人的な体験が、まるで「正解」であるかのようにお答えするのは、
やはり無責任だと思うからです。
また、ひとりひとり、研修の形が違うので、
「先輩」のお話を伺っても、参考にならなかった、ということもあります。
(左のリンクのセゾン文化財団のviewpoint39号に掲載された
「芸術分野海外研修サポートプロジェクトの活動について」という文章に
私の個人の体験を書きましたので、ご参照ください)

また、カフェ・フェローズを実施した際に、
舞台芸術だけでなく、音楽、建築、美術、アートマネジメントなど
さまざまな分野の方が集まって下さったのですが、
お話を聞いてみると、ジャンルによって、
事情がずいぶんと違っているようなのです。

私たちは、主に舞台芸術と音楽のアートマネジメントに携わっていて、
ほかの分野に関してはまったくの門外漢です。
それゆえ、個別のお問い合わせに対して、
「問い合わせ先をお知らせする」という方法で対応してきました。
すなわち、文化庁へお問い合わせすることをお勧めしてきたわけです。

文化庁の募集要項に書いてあることで、不明な点は、
すべて文化庁にお問い合わせになるといいと思います。
制度の実施者でなければ、断言することはできません。
私たちとして、みなさんに共有できることは、
すべてこのブログに載せてあります。
ですから、まずお問い合わせになる前に、
2005年度のシンポジウムの記録や
昨年度の文化庁のご担当者の説明会の記録にお目通しください。
同じ質問事項なども出ているかもしれません。

ただ、こんな些細なことを文化庁に直接電話していいものか、など、
悩まれる方もいらっしゃると思います。
そこで、私たちは、文化庁に制度の説明会の実施を強く働きかけてきました。
昨年度は12月に実施しましたが、
今年度も、秋に実施の予定です。
その時期に実施するのは、そのくらいから準備しないと応募に間に合わないから、
というのが理由です。

今年度の実施の詳細が決まり次第、
こちらのブログでもみなさんにお知らせします。
どうぞ、そういった機会を積極的にご活用ください。

後藤美紀子 : エッセイ : 21:44 : comments(0) : trackbacks(0)

▲top